過去の公演-Past Performance-

THEこども寄席vol.21
番外編 個性派DEショー 第二弾
紙切りあり、江戸曲独楽あり、紙芝居あり いろいろ色物ショー

日時
2016年6月25日(土)
場所
日本橋社会教育会館
出演者
色物/三増れ紋(江戸曲独楽)
色物/チャンキー松本(似顔絵紙切り&紙芝居)
唄/西尾賢(sobobuki)
  • past_photo1-01

    [色物1/紙芝居]

    色物ショーというだけあって、幕開けはチャンキー松本オリジナルの紙芝居「白いガーランド」から。あっけなく幽霊になってしまった男がなごりおしい地上で見たものは、多彩な芸の数々だったのです。

  • past_photo1-02

    [色物2/江戸曲独楽]

    多彩な曲芸の代表として披露されたのが江戸曲独楽。れ紋さんの技は、その成功率の低さ?をアピールされまくり、子どもたちもハラハラドキドキで見守ります。が見事大成功で大喝采でした。

  • past_photo1-06

    [色物3/似顔絵紙切り]

    続いてはご存知「紙切り」。でも、今回は動物や人気キャラクターだけじゃなく、有名人の似顔絵や会場にいる子どもたちの顔までその場で切り出すという技を披露。チャンキー松本の多彩な芸能に会場もびっくり。

  • past_photo1-06

    [色物4/西尾賢ミニステージ]

    ちょっとひと息つけそうな、緩やかなムードの音楽を奏でてくれるのがソボブキの西尾賢と踊り手の豆奴さん。手振りがおもしろい「タコとおじさん」をはじめ、心もカラダもほぐしてくれる演奏タイムとなりました。

  • past_photo1-06

    [色物5/紙芝居フィナーレ幽霊音頭]

    紙芝居の締めくくりは、幽霊と人間と一緒になっておどる「幽霊音頭」。盆踊りのエピソードも交えつつ、会場も一緒になってユラユラ踊って色物ショーの閉幕となりました。

↑ページTOPへ

ページトップ